デイサービスを開業してオーナーになろう!

起業に役立つ

工場

起業の際、工場が必要なら貸工場を探しましょう。独立支援や経営支援をしてくれる会社に協力を求めます。大阪には、この手の会社がたくさんあるので支援してもらいましょう。費用や経営指南などをしてくれるので、効率的です。

もっと見る

海外事業展開ならお任せ

握手

独自のルールがあるインドネシアでは対応力の高さで商売が成功するかどうかが決まるため気をつけるのが普通です。そこでインドネシアに精通しているコンサルティング会社を利用するといいでしょう。会社の事業内容とマッチングしているコンサルティング会社を利用すれば成功率も高まります。

もっと見る

近年注目のサービス

車椅子

高齢者に向けて

デイサービスは日本の社会で必要とされている仕事です。このデイサービスの開業は、支援企業にサポートを受けることによって手軽に行うことができます。介護事業は専門的なサービスなので、開業する時には知識が必要となります。ですが支援企業の力を借りれば専門的な人材を集めることも可能になり、システムなどについても教育を受けることができるようになります。デイサービスは高齢者向けのサービスになるため、家族が自宅にいられない場合や介護が必要な場合などにも利用しやすいサービスです。今後需要が増えてくることも見込まれるため、デイサービスを開業しようと考える人も増えてきます。早めに開業することによって利益も得やすくなります。

介護事業への参入

デイサービスは介護の知識などが必要になる職種のため、資格を持った人材を集めることが大切です。有資格者を集めることによって、適切なサービスを高齢者に提供することができます。また介護保険などの対象者であれば保険が効くことも多いため、保険の請求業務なども必要になります。開業する前にはセミナーなどに参加することで、経営者として必要な知識を得ることもできますので積極的に参加するようにしましょう。まずはデイサービスの需要が多い地域を知ることや、高齢者が多い場所などを調べて開業する物件を探したりすることも大切です。支援企業に任せれば地域なども決めてくれることが多く、需要についてもきちんと調べてもらうことができます。

自由診療にするメリット

施術

若い人が整骨院を開業する場合、自由診療を目指すケースが増えています。自分が学んできた技術で自由に治療ができるからです。ただし保険診療よりも高くなるので、集客の面で不利になりがちです。それを防ぐためには、基本は自由診療にして症状によって保険診療にするというやり方が無難です。

もっと見る